お問い合わせ

SERVICE

02

パラメータ設計

Webサイトへの流入経路をもっと詳しく分析したい

サイト流入後の顧客パフォーマンスを詳細に評価できるように、
流入経路の把握とルール策定をおこないます。

流入経路を詳細に設定することで、サイト流入後の顧客のパフォーマンスを評価できるようになります。
広告やメールマガジンなどといった流入経路ごとに効果を検証したい、広告運用が複数の会社に分散しているがパラメータの管理を統一したい、メールマガジンとチラシなど担当が複数部署を横断する流入経路を分析したいといった方は、ぜひご相談ください。

Q&A

サービスについてのご質問

Q1

提供サービスの範囲はどこまでを含みますか?

A.

現在実施されているパラメータルールの調査、新規ルールの策定が対象となります。広告をはじめ、SNS・メールマガジン・QRコードなどに付加するパラメータのルールも作成いたします。

Q2

大まかな費用感はどの程度になりますか?

A.

設定項目数によって費用が異なりますが、50,000円より承っております。詳細につきましては、お問い合わせください。

Q3

どのようなパラメータを設計できますか?

A.

御社の要望をヒアリングした上で、既存の運用状況とのすり合わせの後、状況に適したキャンペーンルールを設定いたします。単発パラメータの作成ではなく運用ルールを設計いたしますので、納品後もご活用いただけます。

TROUBLESHOOTING

困ったときは

パラメータ設計に関連する話題を、今後続々と追加予定です。

  • 複数のWebサイトを運営している場合、Webサイト間の通常リンクにもパラメータを付加するべきでしょうかリンクは自動的にReferralに分類されるため、不要です。リファラル情報の書き換えが必要な場合はこの限りではありませんが、その場合でも「自分が設置できる外部からのサイトへの流入」に適用するのが基本の考えかたです。

  • どのような流入に対して、パラメータを付加するべきでしょうかWeb広告やメールマガジン、配布チラシのQRコードなど、「自分が設置できる外部からのサイトへの流入」にはすべてつけることをお勧めします。

  • パラメータをとりあえずつけておけば、計測については問題ないでしょうか明確で意味のあるパラメータの付与ルールを設計して、社内施策・社外施策を含めた適切な運用体制を構築しないと、分析のためのデータを継続して収集できません。ルールが曖昧なまま運用していると、担当者の異動や制作会社の変更などをきっかけに、パラメータの計測・分析環境が崩壊するリスクがあるので注意が必要です。

CONTACT

お問い合わせ

パラメータ設計について現在お困りな点がありましたら、お気軽にご相談ください!
ご希望要件をお知らせいただければ、費用概算についてご連絡差し上げます。

※現在の構築環境(システム仕様)などもお問い合わせの際に
あわせてお知らせいただけると、より早くご連絡することが可能です。